2016年8月8日月曜日

タタールスタン大統領、日本のビジネス使節団と会談

長谷川栄一総理補佐官率いる日本のビジネス使節団は、タタールスタン・日本ビジネスフォーラムに参加するため、タタールスタンを訪問した。
ルスタム・ミンニハノフ大統領は、タタールスタンと日本には協力のための大きな可能性があるとし、一部の日本企業は以前から地域市場で事業を順調に進めており、その中には石油化学、石油精製などの分野が含まれると述べた。
大統領はまた、地域間レベルでの日本の協力者とのパートナーシップが検討されると話した。このほかに、姉妹都市協定締結が新しい関係構築と協力関係の深化のために展望があるとした。
長谷川栄一総理補佐官は、情報テクノロジー、石油精製、石油化学、自動車生産、建設などの分野が魅力的だと話した。
ミンニハノフ大統領は会談の終わりに、出されたすべての提案が検討され、今後の共同事業のプログラムが作成されると述べた。

http://intertat.ru/tt/yanalyklar/item/61027-r%D3%A9st%D3%99m-mi%D2%A3nehanov-yaponiya-eshlekle-dair%D3%99l%D3%99re-v%D3%99kill%D3%99re-bel%D3%99n-ochrashtyi.html

0 件のコメント:

コメントを投稿